Pythonを独学で習得した大学生の体験談。人工知能時代に乗り遅れないスキル

未分類

東北大学工学部の学生です。

プログラミングって楽しそう。

プログラミングの勉強を始めたきっかけは、機械学習や深層学習などのAI・人工知能の最先端の技術を目の前で見て自分でも作って見たいと感じたためです。

大学のオープンキャンパスのときに人工知能のブースがありました。

音声認識、画像認識、自然言語処理など様々なテーマがあり刺激的でした。

ブースにいる先輩方や先生の話を聞くと、これらはみんなpythonマスターすれば自分でも似たようたものが作れるといわれ、それならばと思い学習を始めました。

大学2年生からプログラミング学習開始。約半年前です。

大学に入ったものの将来やりたいことがわからずに途方にくれてました。

最初はpythonについて書いてある本を読み独学

まず始めに、みんなのpythonという本で学習を始めました。この本は初心者から中級者向けでとても網羅性がありいい本でした。

プログラミングとはなにか全くわからな買った僕が、読み終わり理解した頃にはpythonの基本的な事項をマスターし、人にも簡単な文法を教えることができるようになりました。

これをきっかけにプログラミングが楽しくなり、様々な本を購入し、データ処理の手法や深層学習の基礎などを学びました。

アウトプットを意識して学習

とにかくものを作ってみることです。

本などで学習するインプットだけでは楽しくありません。

僕は、簡単なプログラミング技術で簡単なプログラムを作って見たりして、意識的にアウトプットをしていました。

この効果は大きくて、文法事項などの復習にも役に立ちますし、新しいことを調べながら学ぶこともできます。

なので、プログラミングを学習する際には意識的にアウトプットをしてみてください。きっと楽しさに気づき、また知識を深められるはずです。

仲間がいない孤独、でもがんばった

一緒に学ぶ人がいなかったことです。今まで学校の授業の勉強などは友達と励まし合いなからやっていました。

受験勉強はなおさらです。このような僕にとって1人でやるということはときには苦痛となりました。

しかし、ツイッターでプログラミング学習用のアカウントを作り同じ悩みを持つ仲間と出会えて教えあって成長できました。

中には、実務経験のある人もいたのでなおさら刺激的なものでした。結果的に苦痛は解消され、将来のビジョンも広げることができました。

プログラマーは女性でも評価される職業

プログラミングを勉強することで現在の様々なコンピューターの技術の仕組みを知ることができます。

自分はまだ不十分なので自信を持っては言えませんが、自分でさえわかることも多いです。

正体が分かれると、やはりおもしろいですし、使う側としても逆にAIに使われてしまうと言った心配なら抜け出せるので良いと思います。

人工知能時代に乗り遅れないスキル

プログラミングをまなぶことで世界は明るくなると思います。

なにより、自信がつきますし、人工知能の時代に乗り遅れるという不安からも脱却できます。

ときには、辛くやめたくなることもあるかもしれませんが、今後もっと需要が高まることは確かなので、是非プログラミングの勉強を始めて、学習を諦めずに続けてください。一緒に頑張りましょう!

初心者でもOKのAI★大人のロボット教室

ピックアップ記事

関連記事一覧