IT業界に就職活動のためプログラミング科目を履修、就職活動成功!

未分類

HTML/CSS 女性

IT業界への就職のためプログラミングを学ぶ

就職を目前に、SEの仕事も視野に入れたいと思い、プログラミングがどういうもので、自分に合っているかを確かめたかったため。

なぜ、SEを視野に入れようとしたかというと、これからの時代、ITが必須の時代となり、今後も存続、そして持続していく将来性が見えたために、手に職をつけて、社会から求められる人物になりたいと思ったためである。

そこで、偶然、授業の履修科目を探しているときに、ウェブページプログラミングという授業を見つけ、学んでみようという結果に至りました。

大学三年の春学期に取りました。まだ、就活は始まっていなかった状態です。

大学の講義でプログラミングを学ぶ

授業でまなびました。その授業というのは、ウェブページプログラミングという授業で、HTMLを使った簡単なウェブページ作成を行いました。

授業の教員に関しては、教授、サポート役の方もどちらも外国人でした。授業体制は、半月で行い、前半は基礎知識の勉強。後半は自作のウェブページを作り、披露するという流れでした。

また、使用教材は、技術評論社の速習ウェブデザインHTML&スタイルシートというものを使用していました。

わからない点は恥ずかしがらずに聞くのがベスト

わからない点はすぐ聞くことが重要です。

なかなか、教材だけで分からない点を探すのは、とても辛いです。探す時間が長くなればなるほど、プログラミングへのやる気が少なくなってしまいます。

先生に途中経過を診てもらうことも重要です。間違っていることに気づかないことが多いので、どこがどう間違っているかの確認をすることが大切です。

また、教材に乗っている手順に素直に従って、プログラミングしてみることが大切です。時間はかかりますが、身体的に覚えるようになります。

育休中にオンラインスクールでプログラミング言語を習得したワーママです。

わからないことが多い、とにかくつまづきまくり

間違っている部分が分からない、どう直せば良いのか分からない点です。

教科書通りに沿って行うだけなら、苦労はあまりないですが、自分で自由に創作しようとすると、そもそもどこが間違っているのかも分からないまま進んでしまい、後の操作が上手く出来なくなってくることや、間違っていることが分かっても、どう直せば良いのかを教材から探し出すのは至難の技です。

一文字でも間違えてしまうと何も反映されなかった時は、絶望的になります。

IT業界への就職活動

就活を行う上で、職種を絞る際、SEの仕事は合わないということが事前に分かったので、現在の就活に役立っています。

やりがいや、嬉しさというものを、プログラミングという裏作業が多く、形になる方が少ない業務には、感じられませえんでした。

コツコツ

表に出ている形(ウェブページ)より、裏方の作業(プログラミング)のほうが、断然多いですが、そのような困難を乗り越えた先に、自分のスキルや考えが形になるのは、とてもやりがいを感じます。

また、コツコツと勉強をすることが重要になります。効率的な学びは、教材に沿って順序通り学ぶことです。これらが出来る方には、とても向いていると思います!これからプログラミングを学ぶ方、コツコツと地道に頑張ってください!

他のプログラミング言語にもチャレンジ!

私は、プログラミングを半年しか勉強していないですが、他のプログラミング方法を学ぶことで、出来る幅も広がってくるのだろうなと思います。

そこまで、地道に勉強できた方が、ノウハウを駆使し、色々な形を生み出すことが出来、自分のスキルになっていくと感じます。

横浜市在住20代女性

ピックアップ記事

関連記事一覧